Uncategorized

服で汚れをシャットアウト

犬の服は着せると様々なメリットがあります。その一つが汚れの防止です。犬を飼うと毎日散歩させることになりますが、散歩の度に泥や虫が犬の身体に付きます。その量をなるべく抑えるために、服が役に立つのです。動物にとって虫は馬鹿になりません。ノミやダニは害虫ですし、蚊はフィラリアを媒介します。服を着ていれば足裏を除いて虫をシャットアウトする効果が期待できます。雨天時は汚れも付きやすくなりますから、レインコートの着用が推奨されます。レインコートを着るだけで、帰宅時の汚れの程度は相当変わります。例えば長い毛を特徴とする犬が雨天の前後に散歩すると、細かなゴミや落ち葉が毛に絡みます。ゴミだけならまだ良いのですが、草叢や落ち葉に潜んでいるダニ、寄生虫が犬に付着することがあります。帰宅してからそれを取り除くのは飼い主であることを忘れないで下さい。服を着せるだけで蚊やダニに悩まされることが無くなるのです。因みに犬の服には色々な工夫が施された商品もあり、服の生地に防ダニ成分が含まれるものもあります。さて、犬の服の用途は他にも考えられます。犬が何らかの病気に罹っている時、特に皮膚病を患っている時は、それ以上皮膚の状態を悪化させないようにガードすることが出来ます。エリザベスカラーを付けることもありますが、長期間カラーを付けると犬は多大なストレスを受けてしまいます。カラーの代わりに服を着せるだけで、アレルギーやアトピーといった疾患であれば、乗り越えることも出来るのです。もちろん服の上からかきむしることも考えられますが、服がボロボロになっても皮膚は守ることが出来ます。

Author

admin@dacruna.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です