Uncategorized

犬は長時間寝る動物ということ

水が嫌いな犬ですが、水たまりに入ってしまう子もいるそうです。これは別に好きで入っているわけではないそうです。何かに熱中して水たまりに気が付かず入ってしまうということだそうです。うっかり見落としているそうです。飼い主が傘をさしているとすり寄ってくる子もいるそうです。犬というのは長時間寝るそうです。一日平均が12時間〜14時間ほどだそうです。その程度は当たり前でもっと寝る子もいるそうです。理由はいろいろと考えられるそうです。敵に襲われたときにすぐ対応するためにいつも眠りが浅いということもあるそうです。また、夜に狩りをしていたので昼間はしっかり寝る必要があったからということも考えられるそうです。なかでも柴犬というのは少し神経質なのだそうです。不安を感じやすいというのもあるそうです。庭先で番犬として飼われていた時期がとても長いせいか、何かあったときにすぐに対応できるように、できるだけ同じ環境に身を置きたがるそうです。そのためなのか、寝床や寝る場所にとてもこだわる子が多いそうです。午前中の小休止的な眠りには、机の下を選んだり、昼寝のときはソファの上、夜はベッドの上というように寝場所を変えるということもするそうです。犬なりにいろいろとこだわりがあるようです。好きなところで寝かせてあげたいと思います。よく寝てよく遊ぶというのが犬という動物のような気がします。散歩中、追い越していく自転車やジョギングする人を見ると、いきなり走り出す子もいるかと思います。電車に並走する犬もよくいると思います。柴犬のような猟犬だったような犬種は、昔の名残で、逃げるものを追いかける性分なのだそうです。ボール遊びなども大好きだそうです。

Author

admin@dacruna.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です