Uncategorized

日本の犬には換毛があるということ

日本犬には換毛があるそうです。換毛というのは四季がはっきりと分かれている国で、犬が快適に過ごすためになくてはならないそうです。犬の被毛には「シングルコート」と「ダブルコート」があるそうです。柴犬というのは、この「ダブルコート」なのだそうです。ダブルコートというのは抜け毛があるそうです。柴犬はこのダブルコートの中でももっとも毛が抜ける犬種のひとつだそうです。柴犬には激しい四季の変化、とくに冬の厳しさから皮膚をまもるためにたっぷりのアンダーコートが生えているそうです。季節の変わり目になると、このアンダーコートが大量に生え変わるそうです。一回の換毛期に抜けた毛を集めると、柴犬自身の3〜4頭分の大きさにもなるそうです。ただ、現在は室内飼育ということで室温は一年中一定に保たれていることが多いかと思います。そうなると犬の方も季節感がなくなっている子もいるそうです。そういう子は一年中ダラダラと毛が抜け続けるということもあるそうです。シングルコートというのは、一つの毛穴から皮膚を守るためのオーバーコートが1本だけ生えているそうです。抜け毛は少ないそうです。ただ定期的なトリミングが必要だそうです。プードルやマルチーズという犬種だそうです。ダブルコートというのは、オーバーコートとともに、保温などの役割を持つ短い毛が生えているそうです。アンダーコートといういうそうです。定期的に大量の抜け毛があるそうです。日本犬やコーギーなどの犬種だそうです。柴犬などは毛が短いので抜け毛が少ないのかと思っていました。自分のからだの3頭分も毛が抜けるって大変ですね。プードルやマルチーズの方が抜け毛が少ないというのが意外でした。

Author

admin@dacruna.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です