Uncategorized

要求を通すために粘り強くなる犬

犬がお互いに鳴きあい吠えあっている様子を見かけることもあるでしょう。ですが犬というのは人間たちとはまた異なり、鳴いている声で会話をしているわけではないという説があります。ワンワン、ワンワンと犬同士がなにか言ってるような錯覚がありますが、犬の鳴き声というのは言語とは違うので会話というのも成り立っていないそうです。子犬は母犬に対して鳴いて何かを求めるなんてというケースはないとみられているようです。子犬が母犬になにかを要求する時は母犬のそばに行って顔を舐めたりするそうです。そうすると母犬も子犬の要求がわかって「おっぱい」をあげたりするそうです。子犬は寂しいときなどは鳴くそうです。そもそも犬は野生の時代、敵たちに居場所を知られないように吠えることをあまりせずに暮らしていたそうです。飼い犬が吠えるようになったのは吠えたら自分の好きなことがしてもらえる、例えば犬のおもちゃをわけてもらえるなどがわかったからです。賢いというか凄いですね。犬がずーと吠えたりするのは自分の要求が通るまで鳴き続けるという強い気持ちがあるようです。何が何でも要求を通してやるとまでは思っていないとは思いますが、吠えたらなんとかなるということはあるかと思います。怖がりの犬がお客さんに対してつまでも吠えるのも、飼い主さんにそのお客さんを排除して欲しいという要求のようです。こういうことを避けるためには正しいトレーニングが必要のようです。宅配便や郵便の配達の人が来るたびにいつまでも吠えたり、親戚の里帰りに寝ているところをいつまでも吠えるというのも、トレーニング次第でやめるそうです。短く「ワン」と吠えるのは要求があるわけではないそうです。別に用事はないけどちょっと吠えてみただけという感じだそうです。また犬同士でも吠え合ったりしているのは警戒のサインだそうです。喧嘩になってしまうかもしれないので、飼い主さんの注意が必要のようです。

Author

admin@dacruna.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です