Uncategorized

犬の気持ちとサインについて

人間が犬の気持ちを汲んだつもりが、犬の方では迷惑だったということもあるようです。犬がお尻を向けて寝ていると飼い主さんは嫌われたのかもと心配する人もあるそうです。けれど、これは犬が自分の無防備なところを見せているということで、ものすごい信頼を相手にしている証拠だそうです。飼い主さんとしてはとても嬉しい態度だといえるようです。お尻を向けて飼い主さんにくっついてくる場合は、からだを撫でて欲しいとかマッサージして欲しいというサインだそうです。犬の耳の後ろを掻いてやると、足を動かしたり自分でかいているようなしぐさをするかと思います。これはちょうどよいところを掻いてくれているので気持ちよくなってしまっているそうです。気持ちよすぎて反射的に足が動いているといったところのようです。こんなとき犬は「いー」と歯を食いしばっているような表情をするそうですが、これは気持ちがいいときに出る表情だそうです。ワンワンわんと吠えるのも飼い主を見て吠えているときは「ごはん」の催促だったりするそうです。この場合は吠えたら「ごはん」をくれたという経験があるからだそうです。他にも吠えたら要求に応えてくれたということがあると、飼い主さんを見て吠えることがあるそうです。飼い主さんも長く一緒にいると犬が何を要求しているかわかるので、お互い阿吽の呼吸といったところでしょうか。ただ何でもかんでもいつでもどこでも吠えたら犬の要求を呑んでいると、とてもわがままな犬になるそうです。駄目なものは駄目というのは、きちんと犬に示さなくてはならないそうです。おねだりばっかりするような犬になると、問題だそうです。吠えるたびにおやつをあげたりするとメタボになってしまいます。

Author

admin@dacruna.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です