犬は拒否されたり飽きたらやめる

子犬のときにスパルタ教育で叩かれながら育った犬は相手の動きを止めようとして、思いっきり噛み付いて離さないということもあるそうです。噛んだ後にペロペロと舐めたりすることがあるようですが、この場合は、自分が噛んだことをごまかしているそうです。勢い余って噛んでしまって「ごめんなさい」という意味でペロペロと舐めてくるそうです。ただ、反省しているというのではなくて「かんでない、舐めただけ」と言っているようなものだそうです。からだを仰向けにして口をあけて、歯を当ててくるのは「噛むつもりはない」というサインだそうです。おなかを見せているということからも敵意はないと考えて良いそうです。喜んでいたり、遊ぼうと誘っているそうです。ただ、楽しくなって興奮してくると勢い余って噛んでしまうということもあるそうです。注意が必要なようです。飼い主の足にマウンティングをする犬がいますが、相手が受け入れてくれているからやっているだけだそうです。マウンティングは犬の本能的なものということですが、「上下関係を主張している」ともいわれているかと思います。実際はあまり関係ないそうです。セクハラみたいなものだそうですが、拒否をしたらやめるそうです。黙ってやらせているといつまでもしてくるそうです。犬のおもちゃを使って遊んでいるときに急にテンションが下がるのは、疲れたというサインだそうです。遊びも疲れるまでやっていると、遊ぶこと自体に嫌気を持ってしまう場合もあるそうです。犬とは楽しいうちに遊びをやべるのがコツだそうです。そうすると次に遊ぶときには待ってましたとばかりに喜ぶそうです。犬との遊びは犬が「もうちょっと」と思っているうちがよいようです。